八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

候補地隣接の3公民館 防衛省への抗議文提出

平得大俣への陸自配備計画に対する抗議文を市総務部に提出した嵩田の金城哲浩、開南の川平重治、於茂登の嶺井善館長(左から)=15日午後、市役所

平得大俣への陸自配備計画に対する抗議文を市総務部に提出した嵩田の金城哲浩、開南の川平重治、於茂登の嶺井善館長(左から)=15日午後、市役所

市長「今後の議論見守る」

 陸上自衛隊配備計画の候補地となっている石垣市平得大俣近くの開南(川平重治館長)、嵩田(金城哲浩館長)、於茂登(嶺井善館長)の3公民館長は15日午後、防衛省宛ての抗議文を石垣市に提出した。これを受け中山義隆市長は報道陣の取材に対し、「3公民館の抗議という形で受けとめている。(石垣市として)全体の結論を出さないうちに市が直接、(防衛省に)反対・抗議するという対応はできないと思っている」と述べ、今後の議論を見守る考えを示した。

 中山市長は「周辺住民の声は重要なものがあると思っている。(市として)まだ受け入れについての判断はしていないので、地元の皆さんの意向ということで捉えておきたい」と述べ、あくまでも3公民館の抗議文として防衛省に送る考え。

 今後については「最終的にいろんな判断等も含めて、防衛省がどういった形で(3公民館に)回答するのか。今後の展開に関しては現時点でコメントすることはできない」と述べるにとどめた。

 石垣島へのヘリ部隊配備については「現時点で打診もないので、まだ具体的に何か決まったということではないと思っている」と述べた。

 3公民館は抗議文の中で▽平得大俣地区への陸自配備計画に断固反対▽配備計画の一方的な進め方に抗議する|としている。3公民館は市議会にも同様の抗議文を提出し、継続審議となっている「石垣島への陸上自衛隊配備を求める請願」の慎重な取り扱いを求めた。

 市総務部では20日午後、おもと農村多目的集会施設で防衛省と3公民館との意見交換会を開く方向で調整していたが、於茂登公民館が会場提供を拒否する考えを示しており、當真政光総務部長は「場所もないので20日の意見交換会は開けないと考えている。全体的な(市民全体を対象にした)説明会の開催も考えていかなければならない」と述べた。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム