八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

台風被害少なく安堵

 ▽…15日に落成式が行われ、26日から操業を開始することになった与那国町の新製糖工場。今期のサトウキビは最大瞬間風速81・1㍍を観測した昨年9月の台風21号の被害が懸念されたものの、生産農家によると、同一方向に風が吹いたため、大きな被害は出なかったという。町さとうきび生産組合の鳩間信助組合長は「新工場の操業に台風も味方したかも?」と安堵(あんど)の表情。

 ▽…登野城小学校の新校舎新増改築工事の起工式が15日午後、同校であり、関係者らが工事の安全を祈願した。5、6年生は完成を待たずに卒業する見込みで、6年生の大宜見哲汰児童会長(12)はあいさつで「とても残念だが、登小にふさわしいかっこいい校舎ができることを願っている」と、後輩に思いを託した。ただ、最後に「やっぱり新校舎で勉強したかったです」と残念そうにポツリ。

 ▽…小浜島で2年連続の開催となったウインドサーフィンのプロツアー。女子では元五輪選手や候補選手も出場している。日本ウインドサーフィン協会の石原智央理事長によると、レースでは荒波で足場が揺れるなか、セールの位置をいかにキープするかがカギ。風を読み、潮の流れも把握する経験も重要で、ベテランが若い選手に勝つことは珍しくないとのこと。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム