八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

26の国・地域から来訪

2015年に26の国・地域から外国人観光客が訪れた黒島研究所。来訪者の国旗を掲示している

2015年に26の国・地域から外国人観光客が訪れた黒島研究所。来訪者の国旗を掲示している

黒島研究所が15年観光客を調査

 【黒島】2015年に黒島研究所(若月元樹所長)を見学に訪れた約1万人の観光客のうち、海外からは26の国・地域から訪れた。展示の解説文に英語を加える作業を行うことに関連して、英語圏からどれぐらいの観光客が来ているか把握しようと昨年1月1日から見学者に尋ねて調べたもので、当初は10カ国程度と予測。調査の結果、フランスが圧倒的に多かったことから、フランス語の表記も検討している。

 若月所長は「フランスからの観光客はテロ発生以降も衰えなかった。八重山の各観光地でこの結果を活用してもらえれば」と話す。

 中国・台湾からは春節のころ以外はほとんど来ていなかったことも分かった。

 同研究所は来所した観光客の国旗を館内に掲示。自分の暮らす国の国旗を見て喜んだり、記念撮影をする人もいた。ことしは早速、元日に米国からの観光客が訪れた。

 2015年に同研究所を訪れた観光客の国・地域は次の通り。(来訪順)

 韓国、米国、フランス、イギリス、スイス、中国、オランダ、スウェーデン、ドイツ、デンマーク、オーストラリア、インド、台湾、オーストリア、香港、イタリア、ロシア、イラク、モンゴル、スペイン、トルコ、カナダ、ポーランド、ノルウェー、フィリピン、チェコ

(黒島通信員)

  • タグ: 黒島研究所
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム