八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

18万5000人に スタークルーズことしの乗客数

ことし初寄港したスタークルーズ社のスーパースターアクエリアス号と島内観光に繰り出す台湾人観光客=3月16日午前、石垣港F岸壁。30日でことしの寄港を終える

ことし初寄港したスタークルーズ社のスーパースターアクエリアス号と島内観光に繰り出す台湾人観光客=3月16日午前、石垣港F岸壁。30日でことしの寄港を終える

過去最高の見通し、前年から大幅増 冬場の入域に貢献

 外航クルーズ船のことしの石垣寄港は30日のスタークルーズ社の「スーパースターアクエリアス号」で終了する。市観光文化課によると、台湾人旅行客がメーンとなるア号の寄港はことし、前年より15回多い72回で、乗客も10万1741人多い約18万5000人(速報値)となり、過去最高を記録する見通しだ。石垣市観光交流協会の高嶺良晴会長は「ことしは国内観光客が停滞するなか、外国人観光客が補ってくれた。冬場の入域に貢献している」と振り返った。

 同課によるとア号はことし、中国大陸への運航が取りやめになったことなどから、石垣への寄港を例年より1カ月早い3月16日にスタート。最終寄港も10月末から2カ月間延長し、初めて年末まで実施した。

 来年は1月27日に初寄港し、12月28日まで59回の寄港を予定している。

 ス社と同社以外を合わせたことしの外航クルーズ船の寄港は過去最多の84回となり、県内では那覇の115回に次いで2番目。来島客数は19万8000人(速報値)となる見込み。

 来年の外航クルーズ船の寄港回数はことしをさらに上回る138回で、中国人観光客も来島する見通し。新たな客層の来島に伴い、市内の観光業界からは観光消費額の増加に期待する声が出ている。

 高嶺会長は「受け入れ態勢を充実させ、新たな客層に対応し、韓国や欧州を中心にした誘客活動を展開したい」と述べた。

 市は30日午後0時30分から同港でア号の最終寄港に合わせた歓迎セレモニーを行う。

  • タグ: スタークルーズスーパースターアクエリアス号
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム