八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

親子で連凧作り こぼし子供育成会

連凧作りに挑戦する参加者=23日午前、竹富小中体育館

連凧作りに挑戦する参加者=23日午前、竹富小中体育館

年明けに凧揚げ大会も

 【竹富】こぼし子供育成会(藤井幸吉会長)の「連凧作り教室」が23日、竹富小中学校体育館で開かれ、児童生徒や地域住民ら50人以上が参加した。児童生徒らは冬休み中も凧作りを続け、1月5日に島内の牧草地で同育成会が開く凧揚げ大会で揚げることにしている。

 これは同育成会が年末年始を前に開いている恒例行事。民具作りを行っている富本衛さんが講師を務め、6月の「若夏石垣島全国凧揚げ大会」で石川県の凧愛好会から学んだ連凧の作り方を指導した。

 参加者は型紙に沿って紙を切り、竹ひごに合わせて慎重にのり付けした。上勢頭伶陽(りょうや)君(小6)は「来年は申(さる)年なので凧に猿の絵を描く。連凧がどんな風に揚がるのか楽しみ」と話していた。

 富本さんは「親子凧づくりを通して、凧揚げの伝統を受け継いでいってほしい」と述べた。

  • タグ: こぼし子供育成会連凧作り教室
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム