八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

登小、年明けに着工

1月に新校舎建築工事に着手する登野城小学校。旧校舎跡には広大な更地が広がる=21日午後

1月に新校舎建築工事に着手する登野城小学校。旧校舎跡には広大な更地が広がる=21日午後

登小新校舎の完成予想図

普通教室など3棟 残り2棟は来年度に発注

2017年3月に完成予定

 

 登野城小学校の校舎新増改築事業は、12月定例石垣市議会で計7億6658万円の工事請負契約案件が可決され、来年1月に着工する見通しとなっている。

 市教育委員会によると、本年度は5棟のうち普通教室棟(3階建て)、渡り廊下棟(4階建て)、普通教室・特別教室棟(4階建て)の3棟の建築工事に着手、新年度に残り2棟の工事を発注する。2017年3月の完成、同年4月の供用開始を予定している。

 新校舎の建築工事では、新校舎完成後の仮設校舎解体まで行うことになっている。

 旧校舎(3階建て)は1979年に建設されたもので、耐力度調査で危険建物と判断されたため、新耐震基準に合致した新校舎を建設する。延べ床面積は4365平方㍍から5378平方㍍に拡張される。

 新校舎は職員室などをエントランスホール脇に配置して児童の登下校の見守りができるように設計されている。

地図
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム