八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

安全祈願し操業スタート 波照間製糖

波照間製糖で行われた圧搾開始式で、今期最初のサトウキビを投入する関係者=9日

波照間製糖で行われた圧搾開始式で、今期最初のサトウキビを投入する関係者=9日

平年並み、3月上旬まで

 【波照間】波照間製糖㈱(西村憲社長)は9日、圧搾開始式を行い、西村社長ら関係者が切断機に今期最初のサトウキビを投入し、操業の安全を祈願した。操業は3月上旬までの見通し。

 西村社長は「昨年は干ばつにより生産量が平年の6割にとどまり、工場の能力を発揮できなかった。今期は安全を第一に、よりよい製品づくりに努めましょう」とあいさつした。

 今期の収穫面積は203.10㌶(前期実績209.69㌶)、単収5.48㌧(同3.49㌧)、生産量1万1136㌧(同7310㌧)で、平年並みに回復する見込み。

 同工場は当初、7日に圧搾開始式を行う予定だったが、船便の欠航で多くの工員が来島できず、9日に延期していた。(本比田里奈通信員)

  • タグ: 波照間製糖
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム