八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「大原」支持に万歳

竹富町役場の位置を問う住民投票の結果が西表大原に決まり、万歳をして喜ぶ住民=11月30日午後、大原公民館

竹富町役場の位置を問う住民投票の結果が西表大原に決まり、万歳をして喜ぶ住民=11月30日午後、大原公民館

竹富町役場移転住民投票

東部の町民ら大喜び「良識ある判断」と感謝

 

「次は議会の番」

 

 【西表】竹富町役場の位置についての意思を問う住民投票で、「西表島大原」が「石垣市内」を上回ったことを受け、大原公民館では11月30日午後2時40分すぎ、約30人の住民が「万歳」をして喜んだ。川満栄長町長は同日夕、急きょ西表入りし、東部地区の各公民館などを訪れ、「大原」を支持した住民らをねぎらった。

 大原公民館には、午後1時15分の開票開始時刻を待たずに住民が集まりだし、同2時46分に大濱修大原公民館長に投票結果を知らせる電話が入ると、住民らは拍手。西表東部公民館連合会の山盛力会長(竹富町議)の音頭で万歳を三唱して喜びを分かち合った。

 大濱館長は「第一関門を乗り越えた。良識ある決断をした各島々の人に感謝したい。次は各議員にもり立ててもらいたい。竹富町発展のためには良識が必要だ」と述べた。山盛会長は「大きな民意が得られた。今度は議員が頑張る番。各島々が均等に発展するようにしたい。(役場移転の)実現に向けて、後押しをよろしく」とスピーチした。

 新城公民館の本底重男館長は「西表に役場ができることで、町内が発展してほしい。住民が少なく、働き場のない、若者の育たない新城にも観光業などの波及を期待する」とコメント。

 川満町長は同日午後6時に大原公民館に姿をみせ、地域住民らと握手。川満町長は「各島々の不安を真摯(しんし)に受け止め、解決し、理解を求めていく。住民投票は何よりも重い」と述べ、住民からは「次は議会だ」との声が上がった。

  • タグ: 竹富町役場
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム