八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

鷲尾さん(八商工)俳句で最優秀賞 全国高校生ケータイ韻文コン

第6回全国高校生ケータイ韻文コンテストで最優秀賞に選ばれた八商工の鷲尾玖美さん=19日午後、八商工校長室

第6回全国高校生ケータイ韻文コンテストで最優秀賞に選ばれた八商工の鷲尾玖美さん=19日午後、八商工校長室

ユーモアあるさわやか秀句

 「天高し ぐらり頬杖(づえ) 5時間目」—。

 第6回全国高校生ケータイ韻文コンテスト(江戸川大学主催)の俳句部門で八重山商工高校商業科2年の鷲尾玖美さんの作品が最優秀賞に選ばれた。

 食後の5時間目に眠気がさすなか、頬づえが崩れることでヒヤッとした瞬間が、「ぐらり」という言葉で大胆に表現され、窓の外に高く澄んだ空が広がっている情景を「天高し」と描くなど、ユーモア感のあるさわやかな秀句と評価された。

 同コンは現代高校生の象徴であるスマートフォンや携帯電話、パソコンを使って日本の伝統文化である韻文(短歌、俳句、川柳)に触れることを目的に開催。俳句部門には全国から1022句の応募があった。

 鷲尾さんは国語の授業が好きで、俳句や短歌にも興味があり、2年生になってから文芸部で本格的に俳句や短歌を学び始めた。

 鷲尾さんは「ありがちな表現をしないように考えた作品だったので、とてもうれしい。もっといろんなコンクールにも参加したい」と喜んでいた。

  • タグ: 全国高校生ケータイ韻文コンテスト八重山商工高校
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム