八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

五輪視野に新チームへ 新城幸也

新チームへの移籍やリオ五輪を視野に入れた来季について語る新城幸也=13日午前、八重山毎日新聞社

新チームへの移籍やリオ五輪を視野に入れた来季について語る新城幸也=13日午前、八重山毎日新聞社

ランプレ・メリダに移籍

 7年間所属したチームヨーロッパカーを離れ、2016年シーズンからイタリアで唯一のUCI(国際自転車競技連合)ワールドチーム「ランプレ・メリダ」へ移籍する新城幸也(31)。今季、ブエルタ・ア・エスパーニャを完走し、日本人で初めて3大グランツールを走破し、日本の自転車界に新たな歴史を刻んだ新城は「世界のトップレースを走りたい。来年はリオ(五輪)もある。ランプレは自分の求めている環境に合っている」と五輪を視野に新チームでの活躍に意気込む。

(渡嘉敷信晃記者)

 ランプレについて「25年間、世界トップのプロツアーに出場し続けている伝統がある。五輪で結果を残すためにもトップレースを走れるチームを選んだ」と語る。

 五輪で上位を占めると予想される選手はプロレースのトップカテゴリーで走っており、同じレースに出場することでライバルたちの情報を集めるとともに、自身のレベルアップにつなげたいとの狙いがあるようだ。

 拠点がフランスからイタリアに移ることにも「フランスではたくさん見た。今度はイタリアで多くを学びたい」と意欲をみせる。

 今季、4月のレースで落車し、左肩甲骨と左肋骨(ろっこつ)を骨折し、「復帰まで2カ月」との診断。6度目のツール・ド・フランス出場に向けてコンディション調整に努めたが、チームから回復が遅れていると判断され、ツールのメンバーから外された。

 そこから新城は年間プランを切り替えた。ブエルタと世界選手権、ジャパンカップへの出場に照準を絞り、初出場のブエルタでは総合65位。世界選手権では17位となり、ジャパンカップでは前輪がパンクしながらも3位に。「狙い通りのレースだった。ブエルタで逃げに乗ることもできた」。

 新城は「けがを境に(いったん)15シーズンが終わり、復帰からは新たな15シーズンが始まった。プラスアルファみたいだった」とうまく気持ちを切り替え、今季を終えた。

地図
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム