八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

県高校野球秋季大会 「勝因は我慢の野球」

3回裏、右前打で出塁し、笑顔でベンチに応える八重高の東盛隼己=11日午後、沖縄セルラースタジアム那覇

3回裏、右前打で出塁し、笑顔でベンチに応える八重高の東盛隼己=11日午後、沖縄セルラースタジアム那覇

先発の仲山が1失点完投 八重高、九州大会へ勢い

 「勝因は我慢の野球」−。秋季大会の頂点に立った決勝を振り返り、八重高の仲里真澄監督はこう語った。試合は興南が二回に1点を先制。追う八重高は四回裏、3番東盛隼己、4番黒島投真、5番新里光平の3連続安打などで3点を挙げ、甲子園ピッチャーの比屋根雅也を相手に逆転劇を演じた。先発の仲山琉斗は興南打線に10安打を許したものの、1失点に抑える完投。八重高は、何が何でも勝つ「泥臭い野球」で、九州大会へ勢いをつけた。

 仲山は初回の立ち上がり、興南の先頭打者に初球を中前に運ばれ、3番にも左前。しかし4、5番を中飛に打ち取り1死一、三塁のピンチを切り抜けた。

 興南は二回に7番がセーフティバントで出塁。9番比屋根の適時二塁打で1点を先制した。

 しかし、三回表、2死二塁から興南6番の右前でホームに戻ってきたランナーを八重高の新里が好返球でタッチアウトに。「会場の雰囲気が変わるプレーだった」(仲里監督)という好守備のあと、八重高は三回裏、それまで無安打に抑えられていた比屋根から又吉が粘って右前にチーム初安打。川満も左前で続き、徐々に比屋根をとらえていく。

 四回裏、3番東盛が右前に運ぶと、4番黒島が右中間を破る二塁打。興南の連係がもたつく間に、東盛が生還し、同点に追いついた。続く5番新里も左前で無死一、三塁とした。7番与那嶺匡は初球スクイズを失敗。追い込まれてエンドランを仕掛けるが、これが投ゴロとなり、三塁走者の黒島が飛び出したところを興南比屋根が三塁へ悪送球。新里まで一気にホームへ返り、3−1と逆転した。

 仲山はほぼ毎回安打を許すが、打たせて取る投球で要所を締め、10安打1失点100球の完投。「那覇商戦ではむきになって力で投げていた。決勝は力を抜いて投げることができた。打たせて取って、流れをつくる八重高の勝ち方ができた」と話した。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム