八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

十・十空襲犠牲者を追悼

十・十空襲犠牲者を追悼し、世界平和の鐘を打ち鳴らす人たち=10日午後、新栄公園内

十・十空襲犠牲者を追悼し、世界平和の鐘を打ち鳴らす人たち=10日午後、新栄公園内

初の鐘打式、平和の鐘の会

 世界平和の鐘の会県支部(大濵博文支部長)は10日正午、新栄公園にある平和の鐘鐘楼で、十・十空襲犠牲者追悼平和祈念鐘打式を初めて行った。

 同空襲は、1944(昭和19)年10月10日、米海軍機動部隊が沖縄本島など南西諸島の広い範囲で行ったもので、約1300人が犠牲になった。那覇市では市街地の90%が焦土と化し、琉球王国時代の文化遺産も焼失した。

 式で大濵支部長は「日本最南端の石垣市から世界平和を願いたい」とあいさつ。漢那政弘副市長が中山義隆市長のメッセージを代読した。

地図
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム