八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「防犯意識の高揚を」

パレードで地域安全運動をPRする人たち=9日午後、石垣市美崎町

パレードで地域安全運動をPRする人たち=9日午後、石垣市美崎町

全国地域安全運動郡民大会

 

児童生徒が意見発表 街頭パレードも

 

自転車盗防止を最重点に

 

 全国地域安全運動(11~20日)の八重山郡民大会と出発式が9日午後、石垣第二中学校体育館で開かれ、同校の生徒や関係機関の会員らが参加した。小中高校の児童生徒が意見発表を行い、中学生代表の宮良洸矢君(同校3年)は8月に大阪府寝屋川市で起きた中学生死体遺棄事件に触れ、「人ごととは思えなかった。一人一人が防犯意識を持ち、簡単なことから実践していこう」と述べた。

 期間中、八重山地区では全国地域安全運動の重点項目に加えて▽自転車盗の防止▽特殊詐欺の被害防止▽万引防止―を推進する。

 八重山署によると、今年は管内で暴力団が関係する傷害事件が発生し、6人を検挙しており、同運動に併せて暴力団追放運動も実施する。

 同署の前田達史署長は「自転車盗が依然として多い。特殊詐欺は今年に入り4件発生し、このうち2件で合わせて約120万円の被害があった」と注意を呼びかけた。

 午後6時からは、同校のマーチングバンドを先頭に美崎町周辺をパレード、道行く人々に運動の趣旨を訴えた。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム