八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

土地の賃借など協力求める ゴルフ場建設目指しハイビ

石垣島ハイビスカスゴルフカントリーがゴルフ場建設を目指している民有地(右側)=5日午前、旧伊原間牧場内

石垣島ハイビスカスゴルフカントリーがゴルフ場建設を目指している民有地(右側)=5日午前、旧伊原間牧場内

市は審議を継続

 今年4月に設立された一般社団法人石垣島ハイビスカスゴルフカントリー(今村重治代表理事)=真栄里=が、旧伊原間牧場でゴルフ場の建設を目指し、計画予定地の半分以上の土地を所有する石垣市に賃借や払い下げの協力を求めていることが分かった。市公有財産検討委員会(委員長・漢那政弘副市長)は「(事業計画など)判断する材料がない」として審議を継続している。

 ハイビスカスによると、ゴルフ場として想定している土地は市道南側の旧伊原間牧場内の民有地約66㌶と市有地約76㌶を合わせた約142㌶。民有地を所有する農業生産法人らからゴルフ場建設と土地の売り渡しについて同意を得ており、市には6月29日付で借地・払い下げ申請の前段となる相談受付表を提出。その後、2度にわたって市の協力を求める要望書も出している。

 同地の市有地については、過去に農業生産法人から借地申請があったが、市は、畜産農家らで構成する農事組合法人を貸し付け対象とする伊原間牧場内公有財産利用計画に合致しない、として不可と決定した経緯がある。同計画内の市有地は採草地、採草可能区域、森林区域と位置づけられている。

 今後の対応について漢那副市長は取材に「判断する材料がないので、資料の提出を求めている。これが出た段階で判断することになるが、市の土地利用計画とも整合を図る必要がある」と答えた。

 これに対し、ハイビスカスは「市が方針を出せば、事前協議の中で具体的な計画について話し合いたい」としている。

  • タグ: 石垣島ハイビスカスゴルフカントリー
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム