八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

幼稚園、一時預かりで昼食提供へ

幼稚園でも来年4月から昼食の提供が始まる見通し=2月5日午後、みやまえ幼稚園

幼稚園でも来年4月から昼食の提供が始まる見通し=2月5日午後、みやまえ幼稚園

待機児童解消に向け一手

石垣市が来年4月から受託希望業者募る

 

 石垣市は、公立幼稚園の一時預かりで来年4月から昼食を提供できるよう準備を進めている。児童家庭課によると、幼稚園では調理室がないため昼食をつくることができず、市給食センターが幼稚園児の給食まで調理するのも困難として、外部の事業者から搬入して対応する計画。昼食を供給できる事業者がいるかどうか把握するため、受諾希望業者を募っている。

 幼稚園は午前保育のため、児童家庭課が午後6時までの一時預かり事業を実施。今年4月の子ども・子育て支援新制度の施行に伴い、預かり保育事業の定員枠を450人に拡大したが、現在、預かり保育を受けているのは220人にとどまっている。

 このうち、まきら幼稚園の21人については、保護者が業者と契約して昼食を確保しているが、同園以外の園児は弁当持参となっている。

 子ども・子育て支援事業計画の策定に伴い市が昨年度に実施した保護者に対するニーズ調査では、幼稚園で昼食の提供を望む声が多数あった。昼食が出ないため、幼稚園に入れずに保育園で継続して保育させるケースが多いという。

 公立・認可保育園の待機児童は4月現在で206人。市は、幼稚園での預かりに昼食を用意することで、幼稚園の受け入れを増やし、待機児童の解消につなげたい考え。

 来年度から予定している幼稚園の幼稚園型認定こども園への移行では、昼食の提供が義務づけられている。

 同課は「参加を希望する事業者は問い合わせてもらいたい」と呼びかけている。問い合わせは同課子ども政策係(82―1704)。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム