八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

高圧ガス事故を防げ

緊急措置訓練で着火した高圧ガス容器を消火する市消防職員=6日午前、石垣市消防本部構内

緊急措置訓練で着火した高圧ガス容器を消火する市消防職員=6日午前、石垣市消防本部構内

県や関係機関が防災訓練

 郡内の高圧ガス関係事業者を対象にした第44回八重山地区高圧ガス防災訓練(沖縄県、県高圧ガス保安協会共催)が6日午前、石垣市消防本部構内で行われ、関係機関と事業所が高圧ガス災害の対処法について確認した。

 訓練は10月の「高圧ガス保安推進月間」の一環として行われ、八重山地区高圧ガス関係事業所や市消防が参加。高圧ガスの特性や燃焼性の実験、酸素とアセチレンガスの燃焼爆発実験、高圧ガス移動車両緊急措置やLPガスの災害復旧訓練が行われた。

 主催者の県八重山事務所の武田智所長は「高圧ガスは危険性の側面はあるが、自然災害時になくてはならない。この訓練で保安意識を再確認してほしい」と呼びかけた。

  • タグ: 八重山地区高圧ガス防災訓練
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム