八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

相次ぐ台風、ホテル損失大 観光客らホテルで缶詰め

台風21号の影響でホテル内に缶詰めとなり、ロビーから外の様子をうかがう宿泊客=28日午後、ベッセルホテル石垣島

台風21号の影響でホテル内に缶詰めとなり、ロビーから外の様子をうかがう宿泊客=28日午後、ベッセルホテル石垣島

台風21号

 台風21号の影響で、石垣市内では28日、観光客らが宿泊先のホテルで缶詰め状態となり、「風が強くてコンビニも行けない」と嘆いた。台風が石垣島に接近するのは今回でことし5度目。宿泊施設では台風のたびに予約のキャンセルが相次ぎ、関係者は「ことしは台風による損失が大きい。うんざりしている」と肩を落とした。

 市内の宿泊施設では、台風で宿泊客が被害に遭うのを避けようと、暴風警報が発令された27日正午過ぎからスタッフが外出を控えるよう観光客らに呼びかける姿が目立った。

 知人3人で石垣島に訪れている大阪市の二本杉敏さん(67)は「こんなに強い台風は経験がない。旅程もキャンセルになって部屋でトランプをしていた。29日に離島観光を予定しているが無理そうだ」と残念がった。

 家族3人でホテルのロビーから外の様子をうかがっていた京都府長岡京市の藤村朋弘さん(68)は「飲食店が閉店して食べるものがない。買い出しに行きたいが、風が強くて外出できない」と困惑の表情。

 市街地のビジネスホテル担当者は「シルバーウイークを避け、料金が安くなる時期を狙って石垣島に来た宿泊客が多い。外出できない客にはDVDによる映画観賞サービスを提供している」と話した。リゾートホテルの担当者は「ことし5度目の台風でキャンセル客が多く、売り上げに痛手」と悲鳴を上げた。

  • タグ: 台風21号
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム