八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

ユニークな演技に喝采

「豆腐協奏曲」を演じる比嘉座のメンバー=20日夜、桃林寺

「豆腐協奏曲」を演じる比嘉座のメンバー=20日夜、桃林寺

島言葉で舞台、観衆魅了

歌劇集団 比嘉座

 

 本島を拠点に島言葉で芝居の上演活動を行っている歌劇集団「比嘉座」(比嘉陽花座長、4人)の石垣公演が20日夜、桃林寺で行われ、「帽子クマー」(帽子編み)、「ぱちろまのぱぴる」(波照間のチョウ)、「ミチブシン」(道普請)、「カンポーヌクェーヌクサー」(艦砲射撃の生き残り)、「豆腐協奏曲」の5演目を披露した。

 豆腐協奏曲は、豆腐と昆布が一緒になりたいと願うものの、それぞれの役割をわきまえて重箱に収まるという内容。おもしろおかしい演技に笑いが起こった。

地図
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム