八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「高齢者の施設で働きたい人だれか知らない…

 「高齢者の施設で働きたい人だれか知らない?」と知人に聞かれた。施設は増えたが介護現場の半数以上が人手不足だという▼市内の介護福祉、保健施設は6、有料老人ホームが3、デイサービス事業所は21カ所あり、朝夕各施設の送迎車は多く見るが街中でお年寄りの姿をあまり見かけなくなった。介護が必要な高齢者の多くが施設を利用。自宅介護への支援が十分でなく、そうしなければ介護する家族が働き続けられない▼今でも離職率が高く人材確保が難しい介護現場、厚労省の推計では団塊の世代が75歳以上となる2025年度には253万人の介護職員が必要だが現状から38万人が不足する見通しという▼石垣市の高齢者人口は現在9275人、高齢化率は年々上昇し、18年には21%を超え、お年寄りを世話する世代の減少を考えると今後職員数は今よりもっと必要となる▼施設で働く知人は腰痛など身体、精神的な仕事のきつさもあるが、一番の理由に賃金の安さを挙げた。きつさにみあう賃金と労働環境の改善、職員の社会的地位の向上など対策は急務だと感じる▼誰もが避けては通れない高齢期、介護は社会全体で負わなければならない課題で人ごとでは済まされない。またできるだけ介護保険の利用者にならないよう健康維持と予防に力を入れていくことも必要だが。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム