八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

生徒たちがカフェ〝開店〟

多彩なプログラムが披露された八重山特別支援学校PTAの夕涼み会=12日夕、同校

多彩なプログラムが披露された八重山特別支援学校PTAの夕涼み会=12日夕、同校

八特支PTAが恒例の夕涼み会

 八重山特別支援学校PTA(砂川洋輝会長)は12日夕、同校で第33回夕涼み会を行った。今年は初の試みとして保護者が中心となった「おやじ屋台村」と、高等部の生徒たちの「カフェ Hachitoku Time」のコーナーが設けられ、来場者の人気を集めた。

 カフェでは、手作りのマフィン70個が完売し、アイスコーヒーなども人気。高等部2年の青井洸希君(16)は「いろんな人が買ってくれてうれしかった。石垣島まつりでも同じメンバーで出店する予定で、同じように頑張りたい」、同3年の与那覇未歩さん(18)は「最後の年にすごくいい経験になった。お客さんとのコミュニケーションは難しい部分もあったが、多くのことを学べた」と感想を語った。

 砂川会長は「寄贈してもらったちょうちんが壊れてきており、屋台の収益金を修繕費などに充てようということになった。父親たちの活躍の場にもなり、とてもいい夕涼み会になった」と話した。

地図
  • タグ: 八重山特別支援学校
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム