八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

無形文化財保持者30人の認定祝う

14人が祝福を受けた県指定無形文化財保持者認定祝賀会=10日夜、那覇市内

14人が祝福を受けた県指定無形文化財保持者認定祝賀会=10日夜、那覇市内

那覇八重山古典民謡保存会
後進の指導育成に意欲

 【那覇】那覇八重山古典民謡保存会(山城直吉会長)は10日夜、那覇市内で県指定無形文化財保持者認定祝賀会を開いた。今回は県内外から八重山古典民謡三線で19人、伝統舞踊で11人がそれぞれ認定された。

 祝賀会には、同会から三線で認定された13人と協力団体から舞踊で認定された3人の計14人が参加した。

 祝賀実行委員会の宮野敬介会長は「三線は16年ぶり、舞踊は11年ぶりにそれぞれ認定された。認定者の皆さんには健康長寿で今後とも後進の指導に活躍してほしい」と祝福した。

 認定者を代表して三線の新城寛三さんは「今後もさらなる精進を重ね、後輩たちの指導育成に頑張りたい」と述べた。

 このあと、「鷲ぬ鳥節」などの舞踊が披露された。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム