八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

認知症の正しい理解を ゆめみらい出前講座

認知症サポーター養成講座を受ける郵便局の管理職ら=11日夕、八重山郵便局

認知症サポーター養成講座を受ける郵便局の管理職ら=11日夕、八重山郵便局

郵便局管理職17人が受講

 石垣市が職員を派遣して実施している出前講座「まちづくり市民講座ゆめみらい」を活用し、日本郵便㈱先島地区連絡会(総括局長・船道一雄黒島郵便局長)は11日夜、八重山郵便局で「認知症サポーター養成講座」を開いた。認知症を正しく理解し、窓口でも適切に対応しようと企画、管理職17人が受講した。

 市民講座は、市が行政に対する理解を深めたり、学習機会の拡大につなげようと、団体などが主催する研修会や勉強会、集会などに専門知識のある市職員を派遣するもので、2002年度から実施。本年度は61講座を用意している。

 市企画政策課(南風野哲彦課長)によると、昨年度は7回、本年度は11日までに6回の利用があった。南風野課長は「行政について分からないこと、疑問に思っていることについて職員が出向いて説明するもので、市民の生涯学習にもなる。もっと制度を活用してもらいたい」と呼びかけている。

 認知症サポーター養成講座を企画した先島地区連絡会スタッフの與那覇義(ただし)さんは「認知症のお客さまには、認識不足で対応がままならないこともある。まずは管理職が講座を受け、社員に広げていきたい。今後、包括支援センターとも連携していきたい」と話した。

 市はこの日の講座に、介護長寿課・地域包括支援センターの職員を派遣。県認知症介護指導者の當山房子氏が講師を務めた。

  • タグ: ゆめみらい出前講座
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム