八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

今日から9月。暑さも次第にやわらぎ…

 今日から9月。暑さも次第にやわらぎ、島々を囲む海も夜の引き潮が大きくなる。下旬ごろからは、イザリ漁を楽しむ人々が目に付く▼大潮の干潮時間を見計らい、夜の浅瀬をライトを照らしながら歩くと、まるで別世界。昼間はほとんど見かけなかった生物が、いたるところにいる。ウムズナー(イイダコ)が這い出し、エビが砂の上をゆっくり移動している▼岩の間で寝ている魚、波間を漂うサヨリ、両腕を90度にして走るタイワンガザミやノコギリガザミ、時には、明かりでウミヘビが足もとへ寄って来て驚く。一度体験すると病みつきになる。週末には家族連れも多い▼これだけ豊かな自然を満喫できるレジャーは少ない。過去には、小浜島でイザリ体験観光を試行した例もある。将来的に、漁協の同意やゾーン設定など手続きを踏んで実施できれば、人気を集めるだろう▼ただ、一時期は名蔵海岸を中心に、イザリを楽しむ人々の車から金銭が盗まれるケースが相次いだ。このため、時期になれば八重山署も海岸線のパトロールを強化してほしい▼また最もやめてほしいのが、海岸線に設置する点滅ライトを持ち帰ること。夜間に浅瀬を歩くと、ほとんど方向感覚がなくなる。イザリ、もしくはイカ漁中は点滅する明かりで位置を確認しており、これを盗られると、命に関わることになる。(黒島安隆)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム