八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

自衛隊配備阻止へ住民の会が発足

石垣島への自衛隊配備阻止に向け、「頑張ろう」を三唱した「石垣島への自衛隊配備を止める住民の会」の結成集会=20日夜、石垣市健康福祉センター

石垣島への自衛隊配備阻止に向け、「頑張ろう」を三唱した「石垣島への自衛隊配備を止める住民の会」の結成集会=20日夜、石垣市健康福祉センター

共同代表に上原氏ら3氏

署名活動を展開

 「石垣島への自衛隊配備を止める住民の会」の結成集会が20日夜、石垣市健康福祉センターで開かれ、約250人(主催者発表)が参加して石垣島への自衛隊配備阻止に向けて気勢を上げた。共同代表には上原秀政、下野栄信、仲座初枝氏が就任。自衛隊配備反対を訴えるための署名活動を展開していく。

 同会は反戦・平和を希求し、住民の暮らしを守るために政府が進める石垣島への自衛隊配備を止めることが目的。共同代表を含む138人が呼びかけ人に名を連ねている。

 結成集会では同会の規約や役員案、内閣総理大臣・防衛大臣に対して石垣島への自衛隊配備計画撤回を求める署名活動を展開していく活動計画案を承認。

 共同代表3氏があいさつし、この中で上原氏は「私自身はどちらかといえば革新ではなく保守だと思うが、自衛隊配備に関しては別問題だ。保革の敷居を低くして、しがらみをなくし、いろんな人の話を聞きながら自衛隊配備を食い止める運動に微力ながら努力したい」と決意を述べた。

 「石垣島に自衛隊配備は必要か?」をテーマにフリージャーナリストで沖縄国際大学非常勤講師の屋良朝博氏が講演した後、同会運営委員の新垣重雄氏に併せて「頑張ろう」を三唱した。

  • タグ: 石垣島への自衛隊配備
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム