八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

ソーロン行事を方言で紹介

四カ字方言講座で、旧盆に関する方言を学ぶ人たち=19日夜、石垣市教育委員会

四カ字方言講座で、旧盆に関する方言を学ぶ人たち=19日夜、石垣市教育委員会

四カ字方言講座

 「八重山のソーロン(旧盆)」をテーマにした四カ字方言講座(石垣市教育委員会いきいき学び課主催)が19日から2日間、市教育委員会2階ホールで開かれ、八重山古典民謡保存会本部最高顧問の宮良長久さんが、アンガマや旧盆行事の流れなどを方言で紹介した。

 宮良さんは、アンガマのウシュマイとンミーが手にしている青い生(なま)のままのクバ扇について、方言の「ナマ(今)、クバ(来い)」の意味が込められているという説があることなどを説明した。

 米やアワ、細かく刻んだ野菜などを使った「ミジィヌク」を庭先にまき、先祖以外の霊にも食べ物を与える習わしにも触れ、「ミジィヌク」をまくのに使う「マヤーブー」について、その形がマヤー(猫)のブー(尻尾)に似ていることが名前の由来となっていると解説した。

 講座に参加した男性は「方言を聞くことはできるが話すことができない。目上の人への話し方などを学びたい」と話していた。

  • タグ: ソーロン(旧盆)
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム