八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

姉妹都市で交流へ

ハワイであいさつの時にするシャカサインでポーズをとる(右から)髙橋萌空、仲吉彩翔、中川美帆さん=14日午後、市長室

ハワイであいさつの時にするシャカサインでポーズをとる(右から)髙橋萌空、仲吉彩翔、中川美帆さん=14日午後、市長室

中学生3人、カウアイへ派遣

 2015年姉妹都市ハワイカウアイ郡中学生派遣事業で20日からカウアイに派遣される中川美帆(石垣第二中3年)、仲吉彩翔(あやか)(石垣中3年)、髙橋萌空(もく)さん(伊原間中3年)の3人が14日午後、市長室で行われた出発式で抱負を述べた。

 3人は今年の石垣市長杯英語弁論大会の入賞者。現地で30日までの1週間滞在し、ホームステイしながら交流を深める。同郡のカパア高校にも3日間通い、八重山の踊りなどを披露する。

 中川さんは「現地の人とたくさん交流し、石垣の伝統文化を伝えたい」。仲吉さんは「違う言語の中で生活するのは楽しみ。いろんなものを体全体で感じたい」と話した。また、騠橋さんは「文化が違うと考え方も違うと思う。いろんな視点で見てみたい」と述べた。

 中山義隆市長は「カウアイ派遣は自分でつかんだチャンス。遠慮しないで前に出て、たくさん交流してほしい」と激励した。

  • タグ: 姉妹都市ハワイカウアイ郡
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム