八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

琉大公開講座 牡丹社事件

大浜郁子琉球大学准教授が牡丹社事件について講話した琉球大学公開講座=18日午後、石垣市立図書館

大浜郁子琉球大学准教授が牡丹社事件について講話した琉球大学公開講座=18日午後、石垣市立図書館

「現地人の証言が必要」 大浜准教授が指摘

 琉球大学公開講座が18日午後、同大サテライト石垣キャンパス(石垣市立図書館)で開かれ、約50人が受講した。同大学法文学部の大浜郁子准教授が、琉球処分の契機となったとされている牡丹(ぼたん)社事件(琉球漂流民殺害事件)について誤認説があると指摘し、「当事者の琉球の人や現地人の視点からの研究や、現地人の口承の検討が必要」と話した。

 同事件は1871年に琉球の人69人が乗った船が台湾東南海岸に漂着した後、上陸の際に3人が溺死し、残った66人のうち54人が台湾の現地人に殺害されたとされている。

 大浜准教授は、当時の記録は日本側や漢民族の史料が中心となっていることを挙げたうえで、現地調査の結果、事件の発生原因や発生場所について通説と異なる証言(口承)があることなどを説明した。

  • タグ: 琉球大学公開講座サテライト石垣キャンパス牡丹社事件
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム