八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

アカショウビンが巣立ち

巣穴から顔をのぞかせるリュウキュウアカショウビンのヒナ=17日午後、平塚コーヒー農園

巣穴から顔をのぞかせるリュウキュウアカショウビンのヒナ=17日午後、平塚コーヒー農園

ヤシからかわいい顔のぞかせる

 リュウキュウアカショウビンの巣立ちが17日午後、市内平得の平塚コーヒー農園で確認された。

 5月ごろ同農園に現れたアカショウビンは、立ち枯れたヤエヤマヤシにペアで巣穴を掘り、7月になるころにヒナがかえったようだ。カラスの被害に遭いながらも1羽のヒナが無事に巣立った。

 同農園代表の平塚直樹さん(49)は「カラスの被害があり、親1羽とヒナが何羽かやられたが、残った1羽がなんとか巣立ってくれた。来年もまた来てほしい」と話した。

 リュウキュウアカショウビンは夏鳥で体長約27㌢。4月ごろ繁殖のため八重山に飛来し、9月末ごろ越冬地の東南アジアなどへ渡る。

  • タグ: リュウキュウアカショウビン
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム