八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

与那国島国際カジキ釣り大会 3日間で10本の釣果

162㌔のクロカワカジキを釣り上げ、総合優勝と大物賞を受賞した坂東正明さん(右から4人目)=5日午後、久部良漁港特設会場

162㌔のクロカワカジキを釣り上げ、総合優勝と大物賞を受賞した坂東正明さん(右から4人目)=5日午後、久部良漁港特設会場

坂東さん(東京都)が初優勝 磯釣りは平良さん(名護市) 親子釣りは崎原冨ファミリー

 【与那国】第26回日本最西端与那国島国際カジキ釣り大会(町主催)は最終日の5日、クロカワカジキなど7本が上がり、初日の3本と合わせ、10本の釣果で幕を閉じた。優勝は最終日に162㌔と62㌔のクロカワカジキを釣り上げたチームエンジェルOICの坂東正明さん(60)=東京都=が初優勝した。表彰式後には100㌔級のクロカワカジキの丸焼きがふるまわれた。

 与那国島地方はこの日、午後3時前に今年最高の33・8度を記録、南東の風7・2㍍、波の高さ2・5㍍だった。

 台風10号の影響を懸念し出港を取りやめる艇もあり、前日より2艇少ない27艇が出発。さらに午前中、3艇がリタイアを申告した。

 坂東さんが2本目のクロカワカジキをゲットしたのは午後1時前。坂東さんは「ヒットから15分間、カジキと力比べ。やっぱり釣りは楽しい」と笑顔で語った。 

 磯釣りは2日で50匹を釣り上げた平良俊明さん(38)=名護市=が優勝。平良さんは「橋の建設で3カ月ほど与那国にいる。ほぼ毎日釣りをしている。この日のために釣れるポイントを作り優勝を狙っていた」と喜んだ。

 表彰式後のアトラクションでは、航空自衛隊音楽隊の演奏や、宮良康正さんや長間孝雄さんの民謡ライブが行われた。

 大会の成績は次の通り。(数字はポイント)

 【トローリング】

 ▽優勝=坂東正明(チームエンジェルOIC・東京都)224▽準優勝=梶原雅仁(あくあ・奈良県)130▽3位=山下雅明(ヤマシタ・東京都)120▽大物賞=坂東正明(162)

 【磯釣り】

 ▽優勝=平良俊明(名護市)20.5▽準優勝=根原良太(石垣市)16.5▽3位=伊藤啓志(岐阜県)8.5

 【親子釣り】

 ▽優勝=崎原ファミリー(4)▽準優勝=永田ファミリー(0.7)▽3位=泊ファミリー(0.2)

  • タグ: 日本最西端与那国島国際カジキ釣り大会
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム