八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

認知症SOSネット発足 石垣市

認知症ネットワーク(組織図)

認知症ネットワーク(組織図)

警察やコンビニと連携 地域で見守りを 不明・発見の事例報告も

 認知症の高齢者などが徘徊(はいかい)して行方不明になった場合、石垣市地域包括支援センターが警察や消防、コンビニエンスストアなどに情報を提供し、連携して捜索する「認知症SOSネットワーク」が4日発足した。同センターによると、石垣市で認知症として介護認定を受けている人は1213人。同センターの翁長珠江所長は「これまでは介護事業所や家族が単独で捜索してきた。ネットワークの構築で、より迅速に広い範囲に対応できるのではないか」と話す。

 同ネットは家族などが事前に対象者を登録。対象者が足を運びそうな場所や身長と体重、写真を添付して申請すると、行方不明時に同センターが情報を提供する仕組み。

 同ネットの発足は、同日午後、石垣市教育委員会2階大ホールで行われた本年度の第1回地域包括ケア会議(市地域包括支援センター主催)で決まった。会議には八重山病院や八重山署、消防本部などから27人が参加し、今後の対応などを確認した。

 同会議では実際に起きた事例として▽病院に診察に来て、家の場所が分からなくなり帰れなくなった▽浜崎町の自宅から外出した高齢者が行方不明になり、家族がポスターを張って情報提供を呼び掛けたところ、高齢者が宮良の海岸にいるのを観光客が見かけて連絡してきた―などのケースが報告された。

 うしおマネジメントの豊川将ケアマネジャーは「これまでは事業所や家族が捜索し、見つからない場合に警察に依頼してきた。一部の対象者には、すでにコンビニなどに協力してもらっている」と独自に進めてきた取り組みを紹介。

 参加した委員からは「障がいを持った人なども含める(対応する)ことはできないか」などの提案もあった。

  • タグ: 認知症
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム