八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

民謡ゆかりの地訪ねる

「民謡のふるさとたずねて」に参加した大底朝要の門下生ら=5月31日、川平公園内の鷲ゆんたの歌碑前

「民謡のふるさとたずねて」に参加した大底朝要の門下生ら=5月31日、川平公園内の鷲ゆんたの歌碑前

大底朝要門下の会員ら

 八重山古典民謡保存会大底朝要門下の「民謡のふるさとたずねて石垣島めぐり」が5月31日に行われ、会員50人が参加した。

 大底師匠が生前に、民謡のゆかりの地を自分の目で確かめ、民謡を歌う上で最も大切な「歌う心」を知るのを目的に1983年から八重山各地を訪れている。

 今回は石垣島西回りのバスツアーで発祥地の冨崎野、川平、玉取崎で下車し、講師の飯田泰彦さんの解説の後、ゆかりの民謡を全員で斉唱した。

 最後の下車地の仲道路のとぅばらーまの碑前では、歴代とぅばらーまチャピオンで最高齢の新城清さんをはじめ、新本定男さんら8人がとぅばらーまを披露、最後は全員で歌った。

 門下生らは三巡目を機に、亡き大底師匠の遺志をしっかり受け継ぎ、今後も継続していくことを確認した

  • タグ: 八重山古典民謡保存会
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム