八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

日本一早い新米、出荷開始 JAライスセンター

今月20日から収穫を開始した大浜博彦さん。ライスセンターの出荷開始で収穫が本格化する=25日午前、名蔵浦田原の水田

今月20日から収穫を開始した大浜博彦さん。ライスセンターの出荷開始で収穫が本格化する=25日午前、名蔵浦田原の水田

1等判定のひとめぼれ店頭に

 JAおきなわ八重山地区ライスセンターは25日、今期収穫した「ひとめぼれ」の玄米990㌔を農産物検査法に基づいて検査し、1等と判定、新米の出荷を開始した。日本一早い新米は29日以降、JAファーマーズマーケットゆらてぃく市場など店頭に並ぶ。検査員の山根聡営農指導員は「台風被害が心配されたが、思った以上に充実し、質的にも良い。例年通り1等米のおいしい米ができている」と話している。

 センターによると、今期の水稲は石垣島で750㌧、西表島で140㌧の生産量を計画しており、台風6号の影響で変動する可能性もあるという。

 センターは石垣市と竹富町で収穫した米を扱っているが、今期は与那国町のライスセンターが製糖工場の建て替えに伴って稼働できないため、同町の約30㌧も受け入れる。センターは8月中旬ごろまで稼働する。

 この日検査を終えて出荷された新米は、石垣市登野城の大浜博彦さん(80)が20日、名蔵浦田原で収穫したもの。

 センターで乾燥、もみすり、選別、計量などの工程を経て袋詰めし、農産物検査員が検査した。大きさと形が整った「整粒」が1等米の基準となる7割以上に達した。

 米をつくって60年以上という大浜さんは「去年も一昨年もオール1等だった」と満足げ。今期についても「平年通り良い」と自信をのぞかせた。

 大浜さんは10㌶で栽培。面積が大きいため、2月1日から順次植え付けを行い、今月20日から収穫を始めている。

 11日夜遅くから12日未明にかけて接近した台風6号の影響については、3月10日前後に植えた稲が穂をつける出穂開花期と重なり、被害が心配されたというが、開花しない夜間に短時間の暴風となったため、「心配するほどの被害は出ていない」という。

  • タグ: JAライスセンター日本一早いひとめぼれ
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム