八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「勉強もはかどりそう」 船浦中の新校舎が完成

18日から授業が行われている船浦中学校の新校舎=19日午後、同校

18日から授業が行われている船浦中学校の新校舎=19日午後、同校

西表

 【西表】資材搬入などの遅れで完成が遅れていた船浦中学校(與世山淳校長、生徒数27人)の校舎がこのほど完成し、18日から新校舎での授業が行われている。同校は今後、伝統の炭焼き体験授業や授業参観を通して、保護者に新校舎を紹介していく考え。

 新校舎は鉄筋コンクリート2階建てで延べ床面積は旧校舎と同規模の794平方㍍。1階に職員室や校長室、保健室などを配置。2階に普通教室3室と視聴覚室を整備。照明には発光ダイオード(LED)ライトを使用している。

 旧校舎は1982年に建てられ、築30年余が経過して老朽化が進んだため、昨年8月に建て替え工事に着手。材料搬入の遅れなどで完成が4月30日にずれ込んでいた。工事費は約1億8100万円。

 新校舎の完成に生徒会長の宮良碧君(3年)は「教室が明るく、風通しもよくてとても気持ちいい。勉強もはかどりそう」と喜んでいる。

地図
  • タグ: 船浦中学校
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム