八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

八重山舞踊堪能 母の日郷土芸能特別公演

出演者全員による「巻き踊り」でにぎやかにフィナーレを飾った郷土芸能の夕べ「母の日特別公演」=10日午後、市民会館大ホール

出演者全員による「巻き踊り」でにぎやかにフィナーレを飾った郷土芸能の夕べ「母の日特別公演」=10日午後、市民会館大ホール

 郷土芸能の夕べ「母の日特別公演」(郷土芸能の夕べ運営委員会主催)が「母の日」の10日午後2時から石垣市民会館大ホールで開かれ、市内18の舞踊研究所が出演した。子どもからチケットをプレゼントされたという母親など大勢の市民が踊りを堪能した。

 舞台は2部構成。「鷲ぬ鳥節」で幕開けした第1部は、「目出度節」「下原節」「新デンサー節・白保節」などと続き、にぎやかな「黒島口説」なども披露。第2部では「胡蝶の舞」「殿様節」「ゆんたしょうら」などがあり、八重山民俗保存会の各師匠11人による「赤馬節」の舞いに、大きな拍手が起こった。

 最後は、出演者全員による「巻き踊り」で締めくくった。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

ページ移動

キーワード検索フォーム