八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

9月にコンクール実施 八重山古典民謡伝統協会

本年度の事業計画などを決めた八重山古典民謡伝統協会の定期総会=10日、宜野湾市の真栄原公民館

本年度の事業計画などを決めた八重山古典民謡伝統協会の定期総会=10日、宜野湾市の真栄原公民館

月1回の勉強会も

 【宜野湾】八重山古典民謡伝統協会(西村正昇会長)の定期総会が10日、宜野湾市内で開かれ、9月27日にコンクールを実施することなどを決めた。伝承者育成を目的に毎月1回の勉強会を開くほか、来年3月20日に教師・師範免許試験などを実施する。

 西村会長は「研究所が17カ所、会員も設立当初の2倍の111人と順調に増えてきた。会員が一丸となって八重山古典民謡の継承発展に頑張ろう」と結束を呼びかけた。

 総会後には、3月の審査で合格した野崎威一郎さん(42)に西村会長から教師免許が授与された。

 八重山古典民謡筝曲や舞踊研究所の会員も参加し、「鶴亀節」の斉唱などで交流した。

  • タグ: 八重山古典民謡伝統協会コンクール
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム