八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「音楽の島」に沸く 野外フェスに500人

パワフルな歌と演奏で「唄島 琉球ワールド・イン八重山」を盛り上げたサンズ・リバー・バンド=10日夕、石垣やいま村

パワフルな歌と演奏で「唄島 琉球ワールド・イン八重山」を盛り上げたサンズ・リバー・バンド=10日夕、石垣やいま村

琉球ワールド

 「石垣島が音楽の島になる日」をテーマにした音楽野外フェスティバル「唄島 琉球ワールド・イン八重山」(同実行委員会主催)が10日午後、石垣やいま村で開かれた。大工哲弘やカワミツサヤカなど八重山にゆかりのあるアーティスト12組が登場、郡内外から約500人が詰めかけ、多彩なステージを楽しんだ。

 楽器を使ったお笑いトリオのボカスカジャンによる絵描き歌と替え歌で幕開け。ストライクカンパニーやsala|saji、伊集タツヤ、BAGADA BAND、サンズ・リバー・バンド(川門正彦、川畑アキラ、田代浩一)も登場。

 イベントを企画したサンズ・リバー・バンドはパワフルな「太陽(ティダ)」を披露し、観客は総立ちに。スペシャルゲストのナオト・インティライミはサッカーワールド杯応援ソングの「The World is Oours!」などを披露し、会場は一気にヒートアップ。 

 フェスティバルが始まる前には、前日のアマチュアコンテストで優勝したダンスチーム「BaBexx」とヒューマンビートボクサーのHiroyaによるパフォーマンス、八重山高校郷土芸能部の演舞、石垣第二中学校マーチングバンド部の演奏があった。

  • タグ: 琉球ワールド石垣島が音楽の島になる日
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム