八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「石垣島ヴィレッジ」が着工 11月オープン予定

くわ入れで工事の無事故を祈願した中山市長、尹代表取締役、識名代表取締役(右から)=9日午前、市内美崎町の金城商店跡地

美崎町最大の複合商業施設
21店舗が入居〜観光の起爆剤に

 一般社団法人Mプロジェクト(新川義弘理事長)が手がける飲食と物販をメーンとした複合商業施設「石垣島ヴィレッジ」の起工式が9日午前、美崎町の金城商店跡地で行われた。21店舗が入居し、200人の収容が可能。完成すれば美崎町最大の複合商業施設となる。式には新川理事長や施設を管理する㈱海南ファミリー&パートナーズの尹泳斗(ユン・ヨンドゥ)代表取締役、工事関係者などが出席し、工事の安全を祈願した。今年11月15日に完成し、11月中のオープンを予定している。

 建物は鉄筋コンクリート造3階建て。延べ床面積732・64平方㍍。総事業費は約2億円。

 安全祈願では、尹代表取締役と中山義隆市長、工事を担当する㈱信用組の識名安信代表取締役がクワ入れを行い、無事故を祈願。

 直会で尹代表取締役は「石垣市と関係者、皆さんの協力を得て、この場所を笑顔の絶えない場所にしていきたい。そして観光の起爆剤にしてみせる」、新川理事長は「東京だけでなく、島の人たち、訪れる観光客の縁を結びつけ、育てていく場所にしていきたい」とそれぞれ語った。

 来賓あいさつで中山市長は「美崎町は建物の老朽化などが目立ってきており、石垣市としても再開発に向けてさまざまな計画を考えている。今回の石垣島ヴィレッジの開発が大きなスタートになる」と期待を寄せた。

 同石垣島事務局では今後、石垣島や本島、東京でテナントの入居者説明会を開催し、7月中旬までに入居者を決定する。

地図
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム