八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

チャレンジデー参加目標50% 石垣市

インターネット電話サービスで髙橋敏彦北上市長と会談する中山義隆石垣市長=8日午後、庁議室

友好都市北上市と対戦
電話会談で健闘誓う

 27日の「チャレンジデー2015」に向けて中山義隆石垣市長は8日午後、対戦相手となる友好都市、岩手県北上市の髙橋敏彦市長とインターネット電話サービスで映像と音声をつないで会談し、互いの健闘を誓った。市は参加率50%を目指しており、事前登録や当日午後9時30分までの報告の徹底を呼びかけている。

 チャレンジデーは自治体同士が午前0時から午後9時までの間に15分間以上の運動やスポーツを行った住民の参加率を競い合い、運動やスポーツの習慣化を図るもの。

 石垣市は昨年、埼玉県秩父市(当時・人口6万6857人)と競い、参加率67・6%の秩父市に対して27.9%(当時の人口4万8815人、参加者1万3613人)と大きく引き離されて敗れている。

 この日の対談で中山市長は「今年は市民も盛り上がっており、楽しみながら観光客も巻き込んで数字を上げていきたい」と述べ、髙橋市長も「石垣市が対戦相手ということで当初50%の目標値を70%に上げて取り組む」と意気込みを話した。

 市はチャレンジデー当日、七つのスポーツイベントを実施するとともに、総合体育館全施設(サブアリーナ除く)、陸上競技場、屋内練習場、庭球場、第2球場、市水泳プール、サッカーパークあかんまの全施設、真栄里公園を無料で開放する。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム