八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

14年度の拾得物、現金は930万 八重山署

八重山署に昨年11月以降に届けられた後、保管されている車いすや旅行トランク、テントなどの拾得物=8日午後、八重山署

八重山署に昨年11月以降に届けられた後、保管されている車いすや旅行トランク、テントなどの拾得物=8日午後、八重山署

12年度比で1.5倍以上に

 八重山署(前田達史署長)に拾得物として届けられた現金は2014年度に930万7115円となり、12年度の601万1868円の1.5倍以上になった。12年度は新空港開港前の約11カ月間を含んでおり、新空港開港を挟んで落とし物が増加した格好だ。現金以外の拾得物では14年度、携帯電話や財布、鍵などのほかに入れ歯や位牌(いはい)なども警察に届けられている。現金は観光施設やフェリーの船中での拾得が目立つほか、川平駐在所に落とし物が多く寄せられている。

 同署によると、忘れ物をしたとして遺失届のあった現金は14年度に2315万7668円となり、12年度の約1.1倍だった。

 拾得、遺失ともに、場所は空港、大型店舗、コンビニエンスストア、ホテル、公共施設のほか、市内美崎町が多い。携帯電話や財布、旅行用バッグ、鍵、デジタルカメラ、ビデオカメラ、腕時計などが届けられた。犬や牛、馬、ハトやリクガメなどの生き物、入れ歯や位牌などもあった。2月には平野集落の路上で「2E」と記された車いすも拾得されている。

 同署会計課の大嵩勝哉課長は「現金の落とし物は高額に上っている。落とし物をしないようにしてほしい」と呼び掛けている。

 犬や猫が拾われた場合、警察で1週間保護した後、保健所に移管される。同所での抑留期間は5日間。この期間を過ぎると南城市の動物愛護管理センターに送られ、譲渡や殺処分などの措置が取られる。

 生き物以外の拾得物が届けられた場合、3カ月の保管期間内に遺失者から訴えがなければ、所有権が拾得者に変わる。その後さらに2カ月間、拾得者が取得しなかったり、所有権を放棄したりすると各都道府県に権利が移る。

  • タグ: 拾得物
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム