八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

スマムニ継承ポスター配布 石婦連が1万部作成

石垣市婦人連合会が市老人クラブ連合会の協力を得て作った「宝ヌスマムニ」~未来へつなごう~ポスター

石垣市婦人連合会が市老人クラブ連合会の協力を得て作った「宝ヌスマムニ」~未来へつなごう~ポスター

13地区から9000語採集

 石垣市婦人連合会(宮良和美会長)はこのほど、あいさつなどを各地区の方言で表記したポスターを1万部作成した。「宝ヌスマムニ~未来へつなごう~」をテーマに大濱皓文化振興基金事業の採択を受けて取り組んだもので、市内の学校を通して、各世帯に配布していく。

 同ポスターはスマムニを話せる高齢者が元気なうちに方言を受け継ごうと、昨年8月に石婦連が石垣市老人クラブ連合会(石垣實勇会長)に協力を依頼。各地域の老人クラブで活動するお年寄りから聞き取りを行い、約9000の用語を13地区から採集した。

 石婦連の前会長で、「スマムニ」に関する取り組みを担当する推進委員長の金城綾子さんは「各地区のお年寄りたちが積極的に参加してくれた。『スマムニが話せてよかった』と言ってくれるお年寄りもいて、やってよかった」と話す。

 今後は体の部位の名前や天体、植物などを紹介したポスターの作成を予定しており、金城さんは「冊子を作成し、放課後学級などでも活用していきたい」と話した。

  • タグ: スマムニ継承ポスター
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム