八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

平和を守り雇用を建て直そう 賃金の引き上げなど訴え

メーデーに合わせたデモ行進で賃上げなどを訴える参加者=1日夜、市役所付近

メーデーに合わせたデモ行進で賃上げなどを訴える参加者=1日夜、市役所付近

メーデー地区大会 150人が市街地でデモ行進

 第86回メーデー八重山地区大会(同実行委員会主催)が1日夕、市内で開かれた。主催者発表で150人が参加し、賃金の引き上げなどを訴えながら市街地中心部をデモ行進した後、石垣市役所玄関前ピロティで開いた式典で大会スローガンの「平和を守り、雇用を建て直す」「みんなの安心のため、さらなる一歩を踏みだそう!」などを採択した。

 式典で実行委員長の川本正樹連合沖縄八重山地域協議会議長は、政府が進める労働者保護法と労働者派遣法の改正について「長時間労働と人材の使い捨てにつながり、断固反対。政府は世界の常識から逸脱。働くことの尊厳を確かめ、社会にアピールしよう」と主張した。

 賃上げや長時間労働の是正を求めるメーデー宣言や「辺野古新基地建設の即時中止を求める特別決議」の採択に続き、「頑張ろう」を三唱した。

 デモ行進に参加した30代の男性は「政府は地方創生と言うが格差は広がるばかり。職場では上司と部下の“格差”も広がっている。職場環境の改善を求めたい」と訴えた。

  • タグ: メーデー
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム