八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

“和牛五輪”目指し団体発足 全共八重山推進委員会

全国和牛能力共進会への出品に向け、スケジュールなどを確認した八重山地区推進委員会の委員ら=1日午後、家畜改良組合研修センター(八重山家畜セリ市場内)

全国和牛能力共進会への出品に向け、スケジュールなどを確認した八重山地区推進委員会の委員ら=1日午後、家畜改良組合研修センター(八重山家畜セリ市場内)

難関部門にも挑戦

 「和牛のオリンピック」と言われる5年に1度の第11回全国和牛能力共進会(全国和牛登録協会主催、全共)に八重山から20年ぶりに出品しようと、生産農家や関係機関で構成する同共進会八重山地区推進委員会(委員長・佐久盛繁石垣島和牛改良組合長、委員12人)が1日、発足した。八重山家畜セリ市場内の家畜改良組合研修センターで開いた初会合では、直系3代の雌牛3頭で和牛改良の成果を競う難関の第6区(高等登録群)にも挑戦することを確認した。

 第6区は、最高位の高等登録牛の母牛と、母牛が出産した娘牛、娘牛が生んだ孫娘牛の3頭を1セットとして出品するもの。県家畜改良協会が「一番難しい部門だが、出品できれば大きなインパクトがある」(赤嶺雅敏事務局長)と提案、了承された。

 八重山地区推進委はほかに第5区(繁殖雌牛4頭1群)、第2区(若雌生後14―17カ月未満1頭)、第3区(同17―20カ月未満1頭)、第8区(生後24カ月未満の若雄後代検定牛3頭1群)、第9区(生後24カ月未満去勢肥育牛2頭1群)の出品を目指す。

 全共に出品するには、県内の和牛改良9組合から選抜されなければならない。八重山地区推進委は県代表として全共に出品し、肉用牛の生産振興につなげたい考え。

 全共に向けて八重山地区で組織として取り組むのは初めてで、佐久盛委員長は「みんなで頑張っていこう」と呼びかけた。今後、審査会の開催、出品牛の選定などの作業を進めていく。

 全共は2017年9月7―11日、宮城県で開催される。

  • タグ: 和牛のオリンピック全国和牛能力共進会
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム