八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

12郷友会が歌踊り披露 東京八重山まつり

ミヤギマモルさんのミニライブなどで盛り上がった第15回東京八重山まつり=4月26日、北区王子の北とぴあ

ミヤギマモルさんのミニライブなどで盛り上がった第15回東京八重山まつり=4月26日、北区王子の北とぴあ

ミヤギマモルさんがゲスト出演

 【東京】東京八重山郷友連合会(多良間光男会長)の第15回「東京八重山まつり」が4月26日、北区王子の北とぴあで開かれ、郷友ら200人余りが集まった。関東地方にある12の郷友会が伝統芸能や余興を次々と繰り広げるとともに、ゲストのミヤギマモルさんがミニライブで代表曲の「やいま」や全国やいまぴとぅ大会テーマソングの「ばがけーら」などをしっとりと歌い上げた。

 ステージは「鷲ぬ鳥節」で座開き。赤嶺せい子舞踊研究所の「小浜節」「満月太鼓ばやし」や、米盛美智子さんと新良キッズの「鳩間節」、歌手の古賀愛子さんの歌・三線、ギター教室教師の上間研さんによるエレキギター演奏、慶田城哲芳さんら八重山芸能倶楽部の「八重山育ち」などと続いた。

 昨年、ゲスト出演した西表島出身の南ぬ風人・まーちゃんも駆けつけ、「琉球の風」などを披露した。八重山高校郷土芸能部元顧問の長浜大樹教諭も訪れ、8月に行われる同部の東京公演をPRした。

 開会に先立ち、任期半ばで急逝した宇根底政祐会長に黙とうをささげた。(黒島安央通信員)

  • タグ: 東京八重山まつり東京八重山郷友連合会
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム