八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

2000人余が島内観光 コスタビクトリア号初寄港

石垣島に初寄港したコスタビクトリア号=29日午前、石垣港F岸壁

石垣島に初寄港したコスタビクトリア号=29日午前、石垣港F岸壁

 福岡発着で台湾と沖縄を周遊するクルーズ船「コスタビクトリア号」(7万5116㌧、イタリア船籍)が29日午前8時、石垣港に初寄港し、乗客2043人が島内観光を楽しんだ。

 同日午前9時半からの歓迎セレモニーは、雨のため、会場を同港埠頭(ふとう)から船内に移して行われ、ミス八重山「星の砂」の大底いろはさんがアントニオ・タテオ船長とロレンツオ・バラッバ・ホテルディレクターに花束を手渡した。石垣市からは初寄港を記念した盾を贈った。

 中山義隆石垣市長は「石垣島はエメラルドグリーンに輝く海と世界でも有数のサンゴ礁に囲まれた観光リゾート地。乗船している皆さんが独特の文化や風土、自然を楽しみ、思い出に残る時間を過ごしてほしい」と歓迎。

 アントニオ船長は「コスタビクトリアが石垣島に初めて就航できてうれしく思う。今後もこの船が石垣島に寄港できるようにしたい」とあいさつした。

 夫婦で訪れた福岡市内の男性(64)は「あいにくの雨だが、初めての石垣島を満喫したい。石垣牛を食べたい」と笑顔をみせた。

 コスタ号は同日午後6時ごろ、福岡の博多港に向けて出港した。

地図
  • タグ: コスタビクトリア号石垣港
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム