八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

与那国 新工場の目標は7千㌧  「さとうきびの日」でセレモニー

増産にむけて決意を新たにした「さとうきびの日」のセレモニー=26日、与那国町構造改善センター

増産にむけて決意を新たにした「さとうきびの日」のセレモニー=26日、与那国町構造改善センター

 【与那国】町さとうきびの日連絡協議会(会長・瑞慶覧隆JAおきなわ与那国支店長)は26日、農業構造改善センターで「さとうきびの日」のセレモニーを行い、瑞慶覧会長は「新工場は12月に完成する。生産量は目標の7000㌧を目指したい」と、サトウキビの増産を呼びかけるとともに、単収の目標として平均6㌧以上を掲げた。

 町内のサトウキビは7000㌧(平均単収5・1㌧)を達成したこともあったが、最近は平均単収が4・5㌧程度。JAは生産量の低迷は地域経済へ悪影響を及ぼすとして、増産に取り組んでいる。

 外間守吉町長は「昨年は干ばつで大変だった。地下ダム建設を県や国に要請していく。単収(アップで)で増産の努力を」と生産者を激励した。

 増産対策や品種選定、土づくりをテーマにした講演の後、参加者が目標の達成に向けて「頑張ろう」を三唱した。

 14・15年期の夏植え単収と株だし単収の表彰もあった。次の各氏。

 【夏植え単収】▽①=祖納元武(9・87㌧)▽②=東小浜功尚(8・66㌧)▽③=蔵盛泰裕(7・88㌧)

 【株だし単収】▽①=外間守和(5・94㌧)▽②=花城栄起(5・66㌧)▽③=根本長亮(4・46㌧)

 (田頭政英通信員)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム