八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

体験談語り後輩にエール〜八重山高校

在校生約700人が参加した教育フォーラム=25日午後、八重高体育館

在校生約700人が参加した教育フォーラム=25日午後、八重高体育館

尚志会42期生が教育フォーラム

 八重山高校の同窓会、尚志会の42期生が主催する第22回教育フォーラムが25日午後、「贈る言葉~これからの君たちへ~」をテーマに同校体育館で開かれた。司法書士の安里長従氏が「八重高白熱教室~一緒に自身のマブイを探求しよう~」と題して講演し、沖縄・八重山の歴史をたどりながら、「若いうちから自分は何者かを問い、マブイ(魂)を成長させて自己を確立していくことが大切」と説いた。

 「学校生活の悩みを一緒に考えよう」をテーマにした意見交換もあり、生徒たちが黒島伸吾(㈱カラハイ代表取締役社長)、田盛博隆(美容師)、大嶺吉生(中学校教諭)、與那覇朝美(介護福祉士)、加川昭子(孫明太鼓の会師事)、石垣涼子(石垣市会議員)の6氏に対して、「部活と勉強の両立に必要なことは何か」「夢はいつから持てばいいのか」「夢に向けてどのような努力をしていたか」などと質問し、アドバイスを聞いていた。

  • タグ: 八重山高校教育フォーラム
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム