八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

4年ぶり8万㌧台を記録 2年連続の高糖度

石垣島製糖の今期操業終了を祝い乾杯する関係者ら=23日午後、同社第2会議室

石垣島製糖の今期操業終了を祝い乾杯する関係者ら=23日午後、同社第2会議室

石垣島製糖で操業終了式

 昨年12月17日に操業を開始した石垣島製糖(加納成浩社長)の2014・15年期操業が22日、終了した。原料生産量は8万163㌧で、前期実績を8681㌧(12.14%)上回り、4年ぶりに8万㌧台を記録した。当初は夏場の長期干ばつの影響で7万5000㌧台を見込んでいたが、予想以上にキビの回復がよかった。甘しゃ糖度は14.48度。前期を0.21度下回ったが、2年連続の高糖度となった。製糖日数は127日。原料増産に加え、雨天による3日間の休業や搬入ペースの低下などで当初計画より26日間、延びた。

 収穫面積は、前期を20㌶上回る1326㌶。10㌃当たりの単位収量は6.046㌧と前期を約0.57㌧上回った。

 搬入原料は前期比8681㌧増の8万163㌧、石糖が農家に直接支払った原料代金は4億4479万円(約4188万円増)。これに国からの交付金が加わり、最終的な原料総額は前期の16億1132万円を上回る見込み。

 砂糖の生産量は9390㌧(前期比665㌧増)、製品歩留まりは11.71%で、前期の12.21%から低下した。操業期間中の雨天休業は3日間(前期1日)、原料切れによる圧搾停止が205時間(前期93.5時間)あった。

 石糖は23日午後、構内の第二会議室で操業終了式を行い、関係者や原料委員、職員に今期の操業成績を報告。加納社長は「原料が4年ぶりに8万㌧台を記録したのは農家と関係機関の協力のおかげ。来期は今期以上の収穫を目指したい」とあいさつした。

  • タグ: 石垣島製糖操業終了式
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム