八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

陸自駐屯地施設を着工 与那国町

安全祈願祭が行われる南牧場=3月11日

安全祈願祭が行われる南牧場=3月11日

防衛省きょう安全祈願祭

 与那国島への陸上自衛隊沿岸監視部隊配備に伴い、整備される庁舎や隊舎など駐屯地施設工事の安全祈願祭(与那国駐屯地新設工事安全協議会主催)が8日午後4時から、建設予定地の南牧場で行われる。祈願祭には沖縄防衛局の井上一徳局長、外間守吉町長らが出席する。

 駐屯地施設整備に向け、これまでに庁舎(延べ面積2259平方㍍)や隊舎(同3143平方㍍)、食厨・厚生施設(同1346平方㍍)、整備場(同382平方㍍)、局舎(577平方㍍)など総額87億円余の建築工事が発注されており、今後は久部良、祖納両地区に監視施設と鉄塔の建設が予定されている。

 駐屯地施設工事の着工に配備反対派の田里千代基町議は「住民の安全がまだ確認できず、地域への十分な説明がないまま既成事実をつくらせてはいけない」と話した。

 推進派の糸数健一議長は「建設が計画通り進められ、事故などがないようにしてもらいたい。町の活性化については自衛隊だけに頼るのではなく、島全体で協力し、さまざまなことに取り組んでいくことが必要」と述べた。

  • タグ: 自衛隊与那国町
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム