八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

ハーブフェスタ継続へ 「産業振興につながる」

2日間で延べ約9000人が訪れたハーブフェスタ。来年も開催される方向となった=2月8日、石垣市健康福祉センター

2日間で延べ約9000人が訪れたハーブフェスタ。来年も開催される方向となった=2月8日、石垣市健康福祉センター

9000人来場、予想外の反響

 「命草NUCHIGUSA」をテーマに2月7日から2日間、石垣市健康福祉センターでハーブフェスティバルin八重山を初開催した八重山地区ハーブフェスティバル実行委員会(会長・中山義隆石垣市長、委員16人)は27日、市役所で最終の会議を開き、「産業振興につながる」として継続する方向性を確認した。今後、フェスタの内容、組織体制、運営方法などを検討していくことになる。

 フェスタには予想の2500人を大きく上回る約9000人が来場。実行委は「当初計画を超える大きな成果を上げることができた」とする事業報告をまとめた。

 委員からは「八重山の自然の素晴らしさ、健康都市をPRできる」「今回が始まり。継続して開催すれば地域振興につながると確信する。命草をブランドにしたい」などと継続を望む意見が相次いだ。

 実行委を支えたワーキンググループへのアンケートでも、回答したメンバー(22人)の8割超が「また参加したい」と答え、農林水産業への効果についても「ある」とした。

 「命草」についてどのようなブランドにしていきたいか聞いたところ、「健康」「安心・信頼」「品質」「伝統」「親しみ」の順に多かった。

 中山市長は「来年も開催してもらいたいという声をたくさんいただいた。命草は産業振興の柱になる可能性がある。しっかり育てていきたい。継続する方向で進めたい」と述べた。

 事務局長を務めた岩下幸司農水部長は「今回は一括交付金を活用できたが、次回は協賛金なども考えないといけない。フェスタの内容が多岐にわたるので、体制を組み直し、竹富、与那国を含めてやってもらいたい」と要望した。

 フェスタの収支決算は予算額765万円に対し、決算額は600万円だった。

  • タグ: ハーブフェスタハーブ
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム