八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

新城剛絵画展を開催 4月にシンポジウムも

新城剛絵画展開催の経緯などを説明する妻の知子さん(右)ら=27日午後、大浜信泉記念館

新城剛絵画展開催の経緯などを説明する妻の知子さん(右)ら=27日午後、大浜信泉記念館

7月2日から市民会館で

 画家の新城剛(しんじょう・ごう)(本名・あらしろ・つよし)さんが44歳で急逝して今年で25回忌を迎える。その画業を再評価しようと、命日の7月2日から5日までの4日間、石垣市民会館中、展示ホールで絵画展(同実行委員会主催)が開かれることになった。

 新城さんは1947年、石垣市登野城出身。琉球大学美術工芸科を卒業し、第10回沖縄県芸術祭美術展で奨励賞(81年)、スペイン美術賞展で優秀賞(83年)などを受賞した他、第41回沖展出品作「夜籠」(89年)で2度目の沖展準会員賞に輝き、審査員も務めた。県内の中堅画家として将来を嘱望されていたが、91年に海難事故で急逝し、早すぎる死を惜しまれた。

 同展では、初期の「新緑」「みどりの街」など緑色を主にした有彩色の作品や、八重山の風土や祭祀(さいし)をモチーフにした「アカマタ」シリーズなど50点前後の作品を展示。パンフレットも作製し、同展で無料配布する。

 また、同展に先立ち、4月27日午後6時半から、大浜信泉記念館でシンポジウムも開く。画家の大浜英治さんと宮良長明さん、同実行委員会の石垣博孝委員長、新城さんの長女、高良音絵さんがパネリスト、大田静男さんがコーディネーターを務める。同展、シンポジウムとも入場無料。

 27日の会見で知子夫人(68)は「新城剛の生きてきた証をどうすれば伝えられるか、娘と一緒に昨年から準備を進めてきた」と述べ、「新城剛という人物を思い起こし、一人でも多くの青少年が心を揺さぶられるような機会になれば」と期待した。

 石垣委員長は「八重山の美術関係者やほかの文化活動の刺激になれば幸い」と述べた。

 実行委では200万円を目標に寄付金を募っている他、新城さんの作品を所蔵している人の情報提供を呼びかけている。問い合わせは実行委事務局の砂川さん(090—7447—0607)、高良さん(83—4588)。

  • タグ: 新城剛絵画展
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム